兵庫県

特別展「黄昏の絵画たち―近代絵画に描かれた夕日・夕景―」(兵庫展)

闇に包まれる前のひとときを、うつろいゆく空の色。一日の終わりを告げるとともに、繰り返し訪れる明日を予感させる黄昏時の情景は、いつの時代も人びとの心を魅了してきた。
西洋の絵画においては、夕陽の強い逆光のもと情感豊かな風景を描き出したテオドール・ルソーらバルビゾン派の画家たちをはじめ、変化する夕方の光をカンヴァスに描きとめたモネやシスレーら印象派の画家たち、さらに20世紀のモダニズムの展開の中で、夕景というテーマは連綿と取り上げられてきた。
日本でも、明治初期に来日したフォンタネージや、その大きな示唆を受けた高橋由一らによって豊かな夕景の表現が生み出された。また、和田英作ら白馬会の画家たちは、人びとを太陽の光があたたかく照らす夕方の情景を残している。日本画においても、菱田春草や小野竹喬らにより心惹かれる夕景が描かれた。
本展では、西洋と日本の夕景約170点を展覧し、「黄昏の絵画たち」の豊かな世界をひもとく。
※12月17日より一部作品の展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る