静岡県

琳派を楽しむ 光悦・宗達・光琳・乾山・抱一

琳派は作風に対する共感などにより後の作家に継承された流派。江戸時代初期の本阿弥光悦や俵屋宗達らにより始まり、中期の尾形光琳・乾山へと発展し、後期に酒井抱一・鈴木其一がその芸術の再興を志した。琳派の作品は絵画をはじめ漆芸、陶磁、染織など様々な工芸に及び、斬新で多彩な意匠が創出された。本展では本阿弥光悦書・俵屋宗達絵の「鹿下絵新古今集和歌巻」、尾形光琳筆「秋好中宮図」、酒井抱一筆「藤蓮楓図」など、琳派の代表作家における絵画と工芸の優品を展観することで、今なお私たちの生活のなかに生き続ける琳派芸術の魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

no image

企画展「ニッポンのえんぎもの」

日頃何気なく口にする「縁起がいい」あるいは「縁起が悪い」という言葉。実は私たちの身の回りには、縁起物がたくさんある。皆が知っているものから普段はあまり気にしないものまで、江戸時代の人々と一緒に浮世絵に描かれた縁起物を探し

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る