山梨県

現代日本の工芸ー国際交流基金寄託作品と山梨の工芸ー

日本の現代工芸の代表として、20年近くかけて世界の100都市以上で展示され、多くの人々を魅了した工芸作品約60点が、国際交流基金から同館へ平成28年度に寄託となった。本展の第1章では、「陶芸」「漆芸」「金工」「ガラス」など、分野が多岐にわたる寄託作品をすべて展示する。また山梨には「硯」や「砡」など、山梨特有の工芸技術を継承する優れた作家や、山梨を拠点に陶芸、ガラス、染色、金工などを制作する卓抜な工芸家が多くいる。第2章では現在活躍する県ゆかりの工芸家の作品を厳選して紹介。山梨の土壌で育まれた工芸の技法や表現にフォーカスする、同館では初めての機会となる。
本展は国内外で注目度が増す工芸の展覧会であるとともに、山梨県の代表的な工芸家を紹介する同館ならではのものとなる。様々な素材と技法による約100点の優品を、ぜひ堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る