富山県

墨画×革命(レボリューション) 戦後日本画の新たな地平

「日本画」という言葉は近代以降に生まれたもの。近世(幕末)までの日本の絵画でこれにあたる言葉は「やまと絵(和画)」で、意外なようだが、いわゆる水墨画は、その対義語の「唐絵(漢画)」と認識されつつ、より公的な性格を帯びていた。その双方を継承した近代日本画は、明治以後の近代国家にふさわしく、西洋美術を吸収した新たな伝統主義美術(西洋美術の直移植でもなく伝統美術の守旧的な復興でもない)を模索する。
そして墨と膠による東洋画の一員である事実を忘れたような顔をして成立した「国民的絵画」としての日本画像は、第二次世界大戦の敗戦後、“日本画滅亡論”に見られるように大きく揺らいだ。それはまさに危機的状況だったが、国家主義の退潮したこの時代にあえて「墨」の表現の可能性を模索することは、近代のさまざまな制約から解放された表現の地平を拓く、革命的なパラダイムシフトだったのだ。
本展では、戦後に制作された墨画的表現を概観し、戦後日本画の中での墨画の性格、水墨画の伝統の受容/変容の状況を、さまざまなアプローチを見せた画家たちの群像により紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る