神奈川県

ミュシャ展〜運命の女たち〜(神奈川展)

現在のチェコ共和国モラヴィア地方で生まれたアルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)は、19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパで起こった芸術運動アール・ヌーヴォーの旗手として知られ、その作品は現在まで世界中の人々を魅了し続けている。
本展は、「運命の女たち」をテーマに、ミュシャの人生を彩った女性たちに焦点をあてながら、ミュシャ芸術を紹介する。
華やかな女性像で知られるミュシャの作品には、女性との交流がすくなからじ影響を与えている。たとえば初恋の人、ユリエ・フィアロヴァー(愛称ユリンカ)の面影はミュシャの描く女性像の多くに投影されている。また、パリで大女優サラ・ベルナールと知り合い、ポスターを描いたことがきっかけで、名声を得たこともよく知られている。
ミュシャ生家の近くに住むチマル博士の3代にわたるコレクションから厳選したポスター、装飾パネル、油彩画、素描、水彩画など、十代の頃からパリ時代を経て、祖国に捧げた晩年の作品まで約150点が出品される。なお、チマル・コレクションのみで構成されるミュシャ展は日本で初めてである。

開催概要

直前の記事

トップランナーIII

現代日本画界の最前線で活躍する作家を紹介する企画展「トップランナー」の第三弾として、群馬県ゆかりの日本画家を紹介する。会員として日展を牽引する坂本幸重は緻密な筆遣いで魚や新聞紙などの質感に迫り、井田昌明は文化財の保存修復

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る