愛知県

特別展 没後190年記念 良寛さん-その人と書

「良寛さん」と呼ばれ、今も多くの人々に愛され続ける良寛(1758~1831)は、名利にとらわれぬ生活を送った托鉢僧だった。清貧の中で生きとし生けるものに慈愛の心を注ぎ、子どもらと手まりをついて戯れ、友と語り、和歌や漢詩など芸術にいそしみんだ。また、仏教者としても菩薩行を実践した希有な人だった。その人間性を表出した書は、見る者の心にあたたかさと感動を与えてくれる。本展では、日本有数の良寛コレクター秘蔵の遺墨を中心に、新たにそのコレクションに加えられた48件を含む約150件を公開。その書と芸術に触れていただく絶好の機会となる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る