東京都

フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると

同時代の重要なアーティストの一人、フィリップ・パレーノの日本初となる大掛かりな展覧会。
パレーノの特徴は、映像、彫刻、ドローイング、テキストなど多様な手法を用い、展覧会を一貫したひとつのメディアとして捉えていること。つまり展覧会は一連の出来事が展開する空間であり、個々の作品の意味ではなく、「オブジェクト」として展覧会の可能性を探っていくと、展覧会はオープンスペースとなり、時に応じて変化するフォーマットとなる。展覧会に訪れることが、空間的・時間的境界や感覚的経験を伴う唯一無二の体験となることを目指しているのだ。
本展では、パレーノの代表作である白熱光が点滅する「マーキー」や、天井に張りつく風船「吹き出し」のほか、1995年にワタリウム美術館と伝説のキュレター、ヤン・フートがコラボレートした展覧会「水の波紋展」で制作した氷の「雪だるま」がその姿を新しくし登場する。
無色透明なこれらの作品を通し、パレーノが見ている近未来の風景が広がるのだろうか。最先端でありながら懐かしい、現れては消える不思議なパレーノワールドだ。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る