東京都

第8回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の〈今〉

菊池ビエンナーレは、現代陶芸の振興を目的に2004年度から同館が隔年で開催している陶芸の公募展。本公募展の特色は、陶芸作品を器から用途のない造形まで部門で隔てることなく募集し、審査、展示する点にある。
 第8回となる今回は、20歳代から80歳代までの幅広い年齢層の制作者から276点の応募が寄せられた。第一次となる画像審査では、審査員の挙手による投票制で125点を通過とし、第二次の作品審査では、作品ごとに各審査員が点数制で審査し、集計結果をもとに合議を重ね、入選54点、さらに入選作の中より入賞5点を選出。
 展覧会では、制作者の創意と技術が結実した入選作品54点を通し、現代陶芸の<今>とその魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

金文 -中国古代の文字-

今から三千年前の商周時代、様々な造形をもつ青銅器が盛んに製作されたが、その表面には古代の文字が鋳込まれていた。金文と呼ばれる、現在の漢字の祖先にあたる中国古代の文字は、平面上に「書かれた」ものではなく、鋳物の技術によって

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る