東京都

第8回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の〈今〉

菊池ビエンナーレは、現代陶芸の振興を目的に2004年度から同館が隔年で開催している陶芸の公募展。本公募展の特色は、陶芸作品を器から用途のない造形まで部門で隔てることなく募集し、審査、展示する点にある。
 第8回となる今回は、20歳代から80歳代までの幅広い年齢層の制作者から276点の応募が寄せられた。第一次となる画像審査では、審査員の挙手による投票制で125点を通過とし、第二次の作品審査では、作品ごとに各審査員が点数制で審査し、集計結果をもとに合議を重ね、入選54点、さらに入選作の中より入賞5点を選出。
 展覧会では、制作者の創意と技術が結実した入選作品54点を通し、現代陶芸の<今>とその魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

no image

糸賀英恵展 うつろいのかたち

糸賀英恵(いとがはなえ、1978-)は横浜に生まれ、現在相模原で制作する女性作家。多摩美術大学、および同大学院をへて、行動展に出品し個展やグループ展で活躍している。 糸賀の制作テーマは「うつろう生命に潜む美を探る」ことで

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る