東京都

小さなデザイン 駒形克己展

駒形克己は『Little Eyes』『Little Tree』などの絵本で知られる造本作家/デザイナー。日本デザインセンターで永井一正のもと、初期のキャリアを積んだ後、6年半に渡りアメリカで活動し、ニューヨーク CBS本社やシェクターグループでグラフィックデザイナーとして活躍した。 1983年に帰国してからはオフコースや安全地帯などのレコードジャケット、コムデギャルソンなどのファッションブランドの招待状やタグなどのデザインを手がけている。1989年に長女が誕生。子どもの成長に向き合うことから絵本を作り始め、新しいタイプの絵本として注目を集めた。現在は絵本に加え、ワークショップ活動で国際的に活躍している。
本展は、アメリカ時代の実験的な試作から、音楽、ファッションでの仕事、絵本の制作のプロセスがわかるスケッチまで、駒形の初期から現在までの足跡を約 300点の作品でたどる初めての展覧会。ユニークな絵本の魅力を立体的にご覧いただけるコーナーも見所のひとつ。
駒形は「小さなこと」を大切にしてきた。手に収まる小さなサイズ、少数の人々とささやくような関係性から生まれた作品に注目してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る