東京都

「琳派」の先駆者と文人陶芸家。

俵屋宗達は江戸前期に新しい装飾画の様式を確立した画家。
それを尾形光琳が江戸中期に継承し、さらに江戸後期に酒井抱一が広めた、いわゆる「琳派」といわれる造形芸術の流派の源流とも称される巨匠だ。
「たらし込み」技法も見られる水墨画《鷺飛翔図》、烏丸光廣による奥書が存在することにより制作年の明らかな数少ない作品としても貴重な《西行法師行状絵詞 巻第三断簡》(寛永7年 1630年)など6作品と乾山のやきものを展示。
また陶磁器の常設展示作品「日本のやきもの」、アジアの仏教彫刻7点(常設展示作品含む)や岡田茂吉作品も展示する。

開催概要

直前の記事

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

毎年恒例となるこの時期の円山応挙筆「国宝 雪松図屏風」の公開にあわせ、今年は、令和改元にちなみ、館蔵品のなかから天皇にかかわる作品を選んでの展覧会である。主なテーマは展示室にて、明治20年(1887)2月1日、京都御所の

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る