NEW 東京都

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

毎年恒例となるこの時期の円山応挙筆「国宝 雪松図屏風」の公開にあわせ、今年は、令和改元にちなみ、館蔵品のなかから天皇にかかわる作品を選んでの展覧会である。主なテーマは展示室にて、明治20年(1887)2月1日、京都御所の博覧会場で開催された第16回京都博覧会「新古美術会」において、三井家が明治天皇への献茶を行った際に使用した茶道具の展観。円山応挙の雪松図屏風を六畳の囲い屏風に使い、床には藤原定家の小倉色紙をはじめ、北三井家伝来の茶道具の名品が使われた。
また、明治23年(1890)に京都高等女学校で行われた皇后への献茶の茶道具、明治天皇御東幸の錦絵や、新橋~横浜間鉄道開業式に使用された明治天皇の御召椅子(初公開)もあわせて展示する。
このほか、展示室1~2では、菊をデザインした茶道具や工芸品、展示室3では、例年通り、国宝の志野茶碗〈銘 卯花墻〉、展示室5では、帝室技芸員の作品、展示室6では、浮世絵「三井好 都のにしき」、展示室7では、重要文化財の古筆手鑑「たかまつ帖」(重文)から、奈良から江戸時代までの天皇にかかわる古筆切、そして、最後に、三井高就(たかなり)・高福(たかよし)・高朗(たかあき)・高棟(たかみね)など、三井家当主が描いた絵画作品を展示。令和改元の新春にふさわしい取り合わせだ。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る