栃木県

企画展 浮世絵 忠臣蔵

元禄15年12月14日、赤穂浪士47人は、吉良邸を襲撃し、主君の宿敵吉良上野介の首を討ちとった。いわゆる「赤穂事件」である。太平の世が続いた中で、義士たちの仇討ちは忠臣の物語として人々に大いに歓迎された。その勇姿は浮世絵や歌舞伎、テレビドラマと姿を変えて現在でも多くの人を楽しませている。本展では、歌川国芳の「誠忠義士伝」と歌川芳虎の「義士四拾七人之内」を中心に忠臣蔵の世界を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る