京都府

琳派展21 没後200年 中村芳中

同館恒例の琳派展の第21弾は、没後200年を記念して中村芳中(?~1819)を特集する。
中村芳中は、江戸後期に京で生まれ、大坂を中心に活躍した琳派の絵師として知られている。
芳中は、はじめ大坂の文人たちと親しく交わり、文人画風の山水画を描いたほか、筆以外の物を使って描く指頭画(しとうが)の名手としてその名を知られる存在だった。また当時、自由な気風の画家として着目されていた尾形光琳(1658~1716)に触発され、琳派が得意とした「たらし込み」を多用した草花図を描き、「光琳風」の画家として広く親しまれた。一方、生涯にわたって俳諧を好み、多くの俳人と交流しながら俳画や俳書の挿絵などを多く手掛けている。
本展では、近年そのゆるい表現が「かわいい」と評される芳中の作品の数々を紹介する。琳派風の草花を描いた屛風や扇面、人気の高い版本『光琳画譜』(享和2年/1802 刊)のほか、文人画風の山水画や指頭画、俳画や俳書の挿絵など、ほのぼのと愛らしい芳中画の世界を愉しんでほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る