兵庫県

入江早耶展 純真(ロマンス)遺跡 ~愛のラビリンス~

兵庫県立美術館では2010年より毎年「注目作家紹介プログラム〈チャンネル〉」を開催してきた。10回目となる2019年度の「チャンネル」では、岡山出身で広島を拠点として活動する入江早耶(1983~)を紹介する。入江はこれまで、長靴、鉛筆や化粧品などの日常的な素材を用いて作品を制作するなかで、一貫して、変わらないものの存在を問い続けてきた。消しゴムを用いたシリーズでは、掛軸や写真などのイメージを消し、消し去った観音や小鳥などを小さな立体物として消しカスで制作している。
本展では、兵庫の「菟原処女うないおとめの伝説」をテーマとして、新作を発表。二人の男性に求婚された娘はいずれか一人を選ぶことができず、自ら命を絶ち、彼らも娘の後を追った。悲しい伝説は、作家のユニークな手法によって、新しい視点で現代に生まれ変わる。同じ伝説から着想を得た能「求塚」では、自らのために失われた命によって、娘は永く苦しむこととなるが、新作では、乙女の純真さに焦点が当てられている。入江の作り出す祭壇によって、娘の長い苦悩は昇華されることだろう。美術館の様々な場所に展示された作品を巡り、愛のラビリンスを堪能いただければ幸いである。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る