三重県

ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ ユニマットコレクション

その洗練された造形から、日本でも多くのファンをもつジュエリー作家・ガラス工芸家のルネ・ラリック(1860-1945)を紹介。
本展では、様々な事業を展開しているユニマットグループが所蔵するラリック・コレクションより、19世紀末から20世紀初頭の貴重なジュエリーをはじめ、晩年までのガラス作品を展観する。
ラリックは当初、アール・ヌーヴォーの宝飾デザイナーとして活躍した。彼の生み出したジュエリーは大変な人気を集め、とりわけ1900年のパリ万国博覧会で大きく注目された。20世紀に入り、香水瓶のデザインと製造を足掛かりに、ガラス工芸家としての道を歩みはじめる。現在も続く、ラリック社の設立もこの頃のことだ。
1925年にパリで開催された「現代装飾美術産業美術国際博覧会」通称「アール・デコ博覧会」では、自社パヴィリオンを出展し、まさにアール・デコを牽引する存在として世界中にその名を轟かせた。日本との関係も深く、1932年に旧皇族の朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)のガラス製レリーフ扉やシャンデリアなどを手掛けている。宝飾とガラスのフィールドにおいて、アール・ヌーヴォーとアール・デコという2つの様式を生み出したラリックの優雅な作品世界を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る