島根県

巨匠が愛した美 日本画のテーマ

日本画では様々なテーマが取り上げられる。四季折々の花や幽玄な風景を描いたもの、身近にいる動物の愛らしい姿や人物に焦点をあてた作品もある。画家は、その時々で表現したいものを取り上げるが、長く制作を続ける中で、ひとつのテーマにこだわって繰り返し描くことがある。
例えば、横山大観は富士の画家といわれるほど生涯に多くの富士図を描き、川合玉堂は人の気配が感じられる素朴な農村風景を描き続けた。また、中国の風物を多く描いた橋本関雪は、昭和期には一変して動物画を中心に作品を発表している。画業の中で画家たちが幾度も描いたテーマとは、画家が何度も追い求めた芸術、つまり画家が愛した美といえるだろう。
本展では、画家たちが生涯に数多く描いたテーマに注目して作品を紹介する。日本画の巨匠たちが愛し、追求した美を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る