広島県

尾道市立美術館コレクション展-新収蔵作品を中心に

同館のコレクションは、昭和55年(1980)の開館から始まり、以来、尾道市名誉市民の洋画家小林和作の作品を中心に形成されてきた。この小林和作を核に、親交のあった日本画家森谷南人子、そして尾道ゆかりの作品で構成されている。また、日本の現代美術を代表する画家の一人であり、尾道市立大学芸術文化学部で後進の指導にもあたった奥山民枝の作品が今年寄贈され、新たなコレクションとなった。本展が初公開となる。
その他、小林和作、森谷南人子など尾道を代表する作家の優品を展示すると共に、尾道ゆかりの作品の数々を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る