京都府

円山応挙から近代京都画壇へ(京都展)

18世紀の京都において、円山応挙は、実物写生の精神に基づいた写生画というジャンルを切り開いた。精緻に描かれた応挙の写生画は、爆発的な人気を博し、円山派という一流派を形成。四条派の祖である呉春は、初め与謝蕪村に学び、蕪村没後は応挙の画風を学んだことで、応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立した。応挙、呉春を源泉とする円山・四条派は、塩川文麟、森寛斎、幸野楳嶺等を経て、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙、上村松園等を輩出した。本展では、応挙、呉春から近代へいたる系譜を追うことで、円山・四条派の全貌に迫るとともに、京都画壇の様相の一端を明らかにするものである。
※会期中大幅な展示替えあり(前期:11月2日~11月24日/後期:11月26日~12月15日)

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る