静岡県

美しい驚き 泉谷淑夫の世界

泉谷淑夫は1952年神奈川県伊勢原市生まれ。横浜国立大学大学院教育学研究科修了。神奈川県美術展大賞、一陽展一陽賞、花の美術大賞展大賞、トリックアート大賞展大賞、岡山県美術展大賞、小磯良平大賞展優秀賞などを受賞。現在、大阪芸術大学教授、一陽会運営委員。
泉谷淑夫の作品の多くには、たくさんの羊が登場し、さながらメルヘンティックでファンタスティックな雰囲気が漂い、寓話の世界が展開する。泉谷作品の向こうから聞こえてくるもの……、それは人間が生み出す社会・文明に対する警鐘だ。いま現代人は、平和と繁栄を、そして文明を享受して幸せと考えている裏側で何が起きているのか、目を背けることができなくなるのではないだろうか……。
本展では、「羊」をモチーフとした新作、近作を中心に、選りすぐりの約50点を一堂に展示。美しい驚きに満ちた泉谷淑夫の世界を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

no image

Collectionー新収蔵作品展

倉敷市立美術館は、昭和58年の開館以来、市民に身近な美術館として地域に寄り添い、郷土にゆかりの深い作家たちの作品を中心にすぐれた美術作品が展望できるコレクションづくりをめざして収集活動を行ってきた。現在、同館の収蔵作品は

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る