東京都

坂田一男 捲土重来

日本では岸田劉生の画業がピークに達し、マヴォをはじめとする大正アヴァンギャルドがしのぎを削っていた1920年代、パリにおいて最新鋭の芸術潮流の只中で勇躍する日本人画家がいた。知る人ぞ知る突出した前衛画家、坂田一男を、当代随一の近代美術史研究者でもある造形作家、岡﨑乾二郎が読み解く。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る