神奈川県

見る、知る、学ぶ、作る 版画ワンダーワールド

美術の授業で木版画を作ったことがある方は多いだろう。下絵を描き、それを板に写して彫刻刀で版を作り、インクを置いて紙に刷る単色刷りの木版画はもっとも身近な版画技法の一つだ。しかし木版画以外の様々な版画がどのように作られているかを知る機会はあまり多くない。
本展では、横須賀美術館が所蔵する版画作品と他館からの借用作品により版画の技法を紹介。肉筆画に対する複製という位置づけではなく、版画特有の制作過程である彫り(版製作)と摺り(印刷)に注目することで、版画表現の豊かさと多様性を改めてご覧いただく。また、展覧会にあわせて関連事業を開催し、版画を「見る、知る、学ぶ、作る」機会を提供することで、観覧者の理解を深めたいと考える。

開催概要

直前の記事

特別展 三国志(福岡展)

今から1800年以上前、漢(かん)王朝は徐々に力を失い、社会秩序は混乱をきたすようになった。そうしたなか、太平道(たいへいどう)や五斗米道(ごとべいどう)などの教団が民衆の心をとらえて立ち上がり、黄巾(こうきん)の乱(

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る