東京都

鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開

東京・神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-1972)は、美人画で上村松園と並び称された日本画家。今年、同館では、清方の代表作として知られながら、1975(昭和50)年以来所在不明であった《築地明石町》と、あわせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》の3点を新しく収蔵した。これを記念し、三部作のお披露目と、所蔵の清方作品をあわせた特別展示をおこなう。小規模だが、重要文化財《三遊亭円朝像》や12幅対の《明治風俗十二ヶ月》など、粒よりの名作が並ぶ贅沢な展示である。

開催概要

直前の記事

岡本太郎美術館20周年記念展 これまでの企画展みんな見せます! <後期>芸術と社会・現代の作家たち

生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月に岡本太郎美術館が開館し今年で20年を迎える。 岡本太郎美術館では開館以来、企画展として、「岡本太郎を顕彰しその芸術性を探るもの」「岡本太郎

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る