神奈川県

岡本太郎美術館20周年記念展 これまでの企画展みんな見せます! <後期>芸術と社会・現代の作家たち

公式サイト

生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月に岡本太郎美術館が開館し今年で20年を迎える。
岡本太郎美術館では開館以来、企画展として、「岡本太郎を顕彰しその芸術性を探るもの」「岡本太郎が交流した作家とその時代」「芸術と社会の関わり」「次世代を創造する作家への支援」をテーマに展覧会を開催してきた。20年の間に開催した企画展は約60回となる。
開館20周年の記念として、これまでに開催してきた企画展をもう一度振り返り、展覧会を象徴する代表的作品や資料を抽出し展示する展覧会を、前期と後期に分けて開催する。
後期展では、「芸術と社会の関わり」「次世代を創造する作家への支援」「岡本太郎が交流した作家とその時代」をテーマとした企画展を紹介。「芸術と社会の関わり」では、震災という日本人とは切っても切れない災害の問題、食や鉄道といった日常のモチーフ、あるいはゴジラやウルトラマンといった映画やテレビのキャラクターなど、一見芸術とは無縁と思われる社会的な事象と芸術との関わりに焦点をあてた展覧会を紹介。「次世代を創造する作家への支援」からは、岡本太郎現代芸術賞の作家を中心とする現代の作家たちを紹介。「岡本太郎が交流した作家とその時代」では、池田龍雄、北代省三、村上善男、土方巽、小野佐世男などの作品を展示してその関わりと時代について紹介する。
本展を通じて、20年間の美術館の様々な事業を振り返り、多くの方々と共有することで美術館への理解を頂くとともに、今後の美術館の更なる役割を見出すきっかけとしたいと考えている。

開催概要

  • 会期

    2019.10.262020.01.13
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円(800円)、高校・大学生・65歳以上800円(640円

    ※中学生以下無料
    ※(  )内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    川崎市岡本太郎美術館
  • 休館日

    月曜日(11月4日、1月13日は開館)、11月5日、12月29日~2020年1月3日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

映画雑誌の秘かな愉しみ

本年は、現存する日本初の映画雑誌「活動写真界」の創刊(1909年)から110年、そして現在も続く「キネマ旬報」の創刊(1919年)から100年の節目を迎える。そこで国立映画アーカイブでは、映画の本をテーマにした「シネマブ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る