NEW 東京都

パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展(東京展)

フランス出身の女優、サラ・ベルナール(1844~1923)は、19世紀半ばから20世紀初頭にかけて活躍した。パリで女優として成功を収めた後は、ヨーロッパ諸国やアメリカなどフランス国外にも活躍の場を広げ、また、自らの一座を立ち上げ劇場経営にも携わったほか、アーティストとして彫刻作品の制作を行うなど、生涯にわたって幅広い活動を続けた。
サラは画家アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)や宝飾デザイナーのルネ・ラリック(1860~1945)など、若き芸術家たちの才能をいち早く見出し、パトロンとしてその活動を庇護したことでも知られている。このようにサラはのちにアール・ヌーヴォーの旗手となる芸術家たちが大成する素地を作っただけでなく、そのデザインの成立にも深く関わった人物であったことがわかる。
本展は、サラの人生を当時の貴重な写真や肖像画、舞台衣装や装飾品のほか、ミュシャやラリックによる作品をもとに通覧する、日本初の展覧会である。また、彼女が生きたベル・エポックの時代に制作された華やかなポスター作品なども展示し、サラ・ベルナールの世界を多面的に紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る