埼玉県

〈川越の美術家たち〉 田中 毅展 ―あれ?こんなのがいたよ!―

田中毅(1951- )は川越市在住の彫刻家で、石彫を制作している。同館からほど近い川越市伊佐沼のほとりにアトリエを構え、日々石と対話しながら制作に励んでいる。作家は主に御影石を用い、ユーモラスな表現で人々の関心を集め、自然と笑顔にさせるような作品を作っているのが特徴。動物や虫に想を得た、実在しない動物や虫の形の作品を見て、「あれ?」と思わずにいられない作品群に出会えることだろう。
田中毅は宮崎県出身で、東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了後、各地の野外彫刻展やシンポジウムに出品し、1985年には神戸具象彫刻大賞展で大賞を受賞、1991年には第6回現代日本具象彫刻展で大賞を受賞している。個展やグループ展に出品する一方、北海道から九州まで各地に数多くの作品を設置している。
本展では、新作をはじめすべての石彫に触れて鑑賞することができる。また近年作家が手掛けた木版画やリトグラフの版画作品を交え、田中毅の世界をご紹介。自然と彫刻の世界に誘うような不思議な魅力を放つ本展を心ゆくまで楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る