栃木県

蜷川実花展――虚構と現実の間に――(栃木展)

写真家の枠を超え、映画、デザイン、ファッションなど多彩な活動をしている蜷川実花。
本展では、「虚構と現実」をテーマにアーティストの写真の本質に迫る。色鮮やかな花々を撮影した《永遠の花》や《桜》をはじめ、著名人やスポーツ選手を撮影した《Portraits of the Time》、新境地となった《うつくしい日々》など、多様な方向から制作された作品が一堂に会する。表現のジャンルを限定することなく時代の先端を鮮烈に示し続ける“蜷川実花”の作品世界を全身で体感できる、またとない機会となることだろう。

開催概要

直前の記事

ラファエル前派の軌跡― ターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで(大阪展)

1848年、ラファエル前派兄弟団は英国美術の刷新をめざし結成された。画壇から攻撃された彼らを擁護したのは、偉大な風景画家ターナーを支援する美術批評家ラスキンだった。その思想はロセッティやミレイ、バーン=ジョーンズ、モリス

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る