岩手県

内村幸助展

岩手県工業指導所意匠部に勤務していた内村幸助は、戦後の経済成長とともにデザイン需要が飛躍的に高まり、県産品開発や岩手国体または植樹祭など、数多くのデザインを手掛けることになる。一方、表現者として創作活動も続けられ、二科展を中心にモダンアート展や岩手県芸術祭に出品している。1965(昭和40)年の二科展デザイン部で奨励賞を、67(昭和42)年には特選を獲得している。また、デザインにとどまらず絵画でも入選を重ね、さらに漫画やエッセイなど多岐にわたる活動を展開していく。
1964(昭和39)年には、岩手デザイナー協会が発足。この会はプロのデザイナー集団として県内のデザイン向上に寄与することになり、この組織立ち上げに関わってきた内村は、1988(昭和53)年から会長を務め、県デザイン界の重鎮となっていった。
本展は、昭和期を通して岩手デザイン界を牽引した内村幸助の初の遺作展として、代表的なデザイン作品や制作した印刷媒体とともに油彩作品を加え、彼の表現活動を振り返るものである。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る