福岡県

ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち(福岡展)

ギュスターヴ・モロー(1826‐1898)は、フランス象徴主義を代表する画家。19世紀末のパリで、精神よりも物質を、宗教よりも科学を重んじる気運が高まる中、「目に見えるものは信じない」と神話や聖書の世界を描き続けた。
古今東西の装飾モチーフを取り入れ、幻想的な作品の数々を生み出したモロー。その素顔は謎めいており「パリの真ん中に隠れ住む神秘家」とも呼ばれた。
本展では、そんなモローの描く女性像に焦点を当て、代表作《出現》(1876年頃)、《一角獣》(1885年頃)を含むギュスターヴ・モロー美術館の所蔵作品約100点を紹介する。

開催概要

直前の記事

no image

ZENGA 白隠と仙厓展

江戸時代中期に活躍した臨済宗の禅僧・白隠(1685-1768)と仙厓(1750-1837)。両者ともに、衆生済度(迷いの苦しみから衆生を救い悟りの世界に渡し導く)の精神で、禅の普及に努めた。そして禅の教えや体験を時に厳し

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る