福岡県

福岡アジア美術館 開館20周年記念展「アジア美術、100年の旅」

1999年、福岡アジア美術館は、アジアの近現代美術を専門的に紹介する世界に唯一の美術館として開館した。その開館20周年を記念し、約3000点のコレクションのなかから、アジアの地域性が色濃く表れている作品を中心に、アジア美術の100年間をたどる。
展覧会の第一部では「東アジア」「東南アジア」「南アジア」の重要な近現代美術にくわえ、ローカルな文脈で生まれた民俗芸術、路上で花咲いた大衆芸術など、同館以外ではまとめて見ることのできない幅広い作品、約300点を一挙公開。第二部「アジアのなかの福岡」では、当館の滞在制作事業によって福岡で生み出されたアジアの作家たちによる選りすぐりの作品を紹介する。本展では、これまで様々な旅をしながら同館にたどり着いた、そして旅をしながら収集したコレクションを、地域別で紹介することで、各地域に共通する動向や影響関係、またその文化的な広がりを見直すとともに、アジアとの交流拠点という理念で生まれた同館の20年の歩みとその役割を見つめなおす。
さあ、パスポートのいらないアジアの旅へでかけよう!

開催概要

直前の記事

no image

草間彌生美術館 集合の魂たち

1961年に始まる、同一物を反復する「集積」或いは「集合」と題したシリーズは、ステッカーなど日用品のコラージュによる平面作品に始まり、ほどなく、布に綿を詰めた柔らかい突起物を家具などに無数に貼り付けたソフト・スカルプチュ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る