NEW 兵庫県

神業ニッポン 明治のやきもの―幻の横浜焼・東京焼―

2019年、横浜は開港から160年という節目の年を迎えた。2018年には、訪日外国人旅行者が3,000万人を超え、2020年には2回目となる東京オリンピック・パラリンピックが開催される中、幕末の開港時を彷彿させるように、日本は海外から熱い視線を集めている。
江戸時代末期の開港により、世界へと門戸を開いた日本へは、明治時代の幕開けとともに諸外国から多くの外国人が日本を訪れた。彼らは、自国とは異なる風土、文化を持つ日本に魅せられて、日本製の絵画、浮世絵、陶磁器、漆工品など、さまざまな品物を購入し、自国へと持ち帰ったのだ。さらに、日本の美術工芸品は、欧米で盛んに開催された万国博覧会で披露され、高い評価を得るとともに、海外へと大量に輸出され、のちにフランスを中心に流行した「ジャポニスム」ブームの契機となった。
それらの美術工芸品は、ただ美しいだけでなく、精緻な手仕事による職人芸を極めた、まさに「神業」、「超絶技巧」と呼ぶにふさわしい品々だった。これらは、日本人向けの品物というよりも、金彩や色絵技法を駆使した華やかな装飾、複雑な彫刻が施され、外国人好みを反映して製作されたものだったのだ。しかし、輸出品がゆえ、日本国内には現物が残らず、時代とともにその存在や記憶も失われていった。なかでも希少価値の高い、外国人向け陶磁器「横浜焼・東京焼」は、製作過程や実態に謎が多く、「幻の陶磁器」と呼ばれている。
本展では、国内随一のコレクター・田邊哲人氏が里帰りさせたコレクションから精選し、あわせて、明治時代の日本を代表する陶工・宮川香山の作品をはじめ、日本に現存する優品を一堂に会して、幻といわれるその全貌に迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.10.122019.12.15
  • 会場

    兵庫陶芸美術館
    http://www.mcart.jp/
    兵庫県篠山市今田町上立杭4
  • 観覧料金

    当日=一般1000円、大学生800円
    団体=一般800円、大学生600円
    夜間(17:00~)=一般500円、大学生400円

    ※20名以上の場合は団体割引料金
    ※高校生以下は無料
    ※70歳以上の方は半額
    ※障害のある方は75%割引、その介助者1名は無料
    ※17:00以降に観覧される場合は夜間割引料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    兵庫陶芸美術館、神戸新聞社
  • 休館日

    月曜日(10月14日、11月4日は開館)、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る