兵庫県

富野由悠季の世界(兵庫展)

『機動戦士ガンダム』(1979年)、『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014年)などのガンダムシリーズのほか、『伝説巨神イデオン』(1980年)、『聖戦士ダンバイン』(1983年)といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメーションに多大な影響を与えてきた富野由悠季(1941年生まれ、神奈川県小田原市出身)のこれまでの仕事を回顧、検証する初めての展覧会を開催する。
「虫プロダクション」に入社して『鉄腕アトム』の制作に関わった駆け出しの頃から現在に至るまで、55年にわたる富野の仕事を通覧する。そして、氏がこれまでに監督してきた各作品の映像的特質を、富野直筆の絵コンテや、富野と仕事を共にしたクリエーターたちのデザイン画、原画、撮影に使われたセル画などの原資料をもとに検証する。また、自らの作品世界を掘り下げた小説、主題歌などの作詞、様々な分野の人々との対話など、富野のマルチな活動と才能も見逃せない。本展では、こうした側面にも焦点を当てる。時代や人々に与えてきた影響と、氏が訴え続けたメッセージは何かをひも解く。

開催概要

  • 会期

    2019.10.122019.12.22
  • 会場

    兵庫県立美術館
    http://www.artm.pref.hyogo.jp/
    神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
  • 観覧料金

    当日=一般1400円(1200円)、大学生1000円(800円)、70歳以上700円(600円)

    ※高校生以下無料
    ※団体は20名以上
    ※70歳以上は前売なし
    ※障がいのある方は各当日料金の75%割引(ただし70歳以上は一般当日料金)、その介護の方1名は無料
    ※コレクション展の観覧には別途観覧料が必要(本展と合わせて観覧する場合は割引あり)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    兵庫県立美術館、神戸新聞社、MBS
  • 休館日

    月曜日(10月14日、11月4日は開館)、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る