京都府

帝室技芸員の仕事 彫刻篇

同館所蔵作品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の仕事」シリーズ。今回は石川光明(1852~1913)と高村光雲(1852~1934)の作品を中心に、彫刻分野の帝室技芸員による名品を紹介する。
帝室技芸員制度は、宮内省(現在の宮内庁)が技術と人柄に優れた当代の美術工芸家を選出し「帝室技芸員」に任命する作家の顕彰制度で、その拝命は作家にとって大変な名誉だった。
光雲と光明は、帝室技芸員制度が発足した明治23年(1890)、ふたり同時に第一回帝室技芸員に任命されている。光雲が仏師として修業を積み生涯木彫一筋で制作を続けた一方、光明は牙彫を中心に木彫や彫漆にも取り組んだ。ふたりはそれぞれ異なる姿勢で制作に取り組みながらも互いに敬意を払い、ともに近代彫刻界の発展に貢献した。

開催概要

  • 会期

    2019.08.242019.11.17
  • 会場

    清水三年坂美術館
    http://www.sannenzaka-museum.co.jp/
    京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水3-337-1
  • 観覧料金

    大人800円、大・高・中学生500円、小学生300円、幼児無料

    ※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は50%割引
    ※団体でご来館される場合には、事前にお電話にて日時と人数をお知らせください

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    清水三年坂美術館
  • 休館日

    月曜日、火曜日(祝日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る