京都府

流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美

公式サイト

三十六人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品《佐竹本三十六歌仙絵》。かつて二巻の絵巻物だったこの作品は、大正8年(1919)に一歌仙ずつに分割され、別々の所有者のもとに秘蔵された。2019年は《佐竹本三十六歌仙絵》が分割されてからちょうど100年を迎える年。これを機に、展覧会としては過去最大の規模で、離れ離れとなった断簡37件(*)のうち31件が一堂に会する。
*三十六歌仙に住吉大明神図を加え三十七図
※会期中一部展示替えあり(主な展示替え 前期:10月12日~11月4日/後期:11月6日~11月24日)

開催概要

  • 会期

    2019.10.122019.11.24
  • 会場

    京都国立博物館
    http://www.kyohaku.go.jp/jp/
    京都市東山区茶屋町527
  • 観覧料金

    当日=一般1600円、大学生1200円、高校生700円

    ※団体は20名以上
    ※中学生以下、障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は無料です
    (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
    ※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください
    ※キャンパスメンバーズ(含教職員)は、学生証または教職員証提示で各種当日通常料金より500円引き

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立博物館、日本経済新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞
  • 休館日

    月曜日(10月14日と11月4日は開館、翌火曜日休館)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る