愛知県

山本良比古-緻密な風景を描いた〝虹の絵師″(愛知展)

山本良比古(やまもと よしひこ)は1960年代から色鮮やかな油彩を制作し「虹の絵師」と呼ばれた画家。山本は1948年に名古屋で生まれた。聴覚・言語・知的な障がいがあることから特殊学級のある中学校へ進学し、当時の担任であった指導者・川崎昂と出会い、自身の制作活動に大きく手助けを得ながら川崎と二人三脚で活動してきた。
山本の絵画の特徴は、緻密な描写と点描による色鮮やかな風景。当時のメディアは障がいがありながらも卓越した絵画を制作する山本を「虹の絵師」や「第二の山下清」と呼んで話題にした。しかし、同じく障がいがありながら大衆に愛された画家・山下清がそうであったように、山本は美術業界のなかで画家として正当な評価をされなかった。
本展は山本良比古の中学生時代の初期の作品から、代表的な油彩のほか、素描や版画や陶器の絵付け、また近年再び筆をとり制作した新作などを一堂に展示する。そして、指導にあたった川崎昂が残した資料や、当時取り上げられたメディアの資料などを参照しながら、山本良比古の活動を振り返る。

開催概要

  • 会期

    2019.09.282019.12.26
  • 会場

  • 観覧料金

    高校生以上400円(320円)、中学生以下無料

    ※( )内は前売り、高浜市内居住者、20名以上の団体料金
    ※ 75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、割引あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高浜市やきものの里かわら美術館、中日新聞社、中日新聞社会事業団
  • 休館日

    月曜日、火曜日(10月14日、10月22日、11月4日は開館)、10月16日(水)、10月23日(水)、11月6日(水)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る