静岡県

古代への情熱―18世紀イタリア・考古学と芸術の出会い

今日の西欧世界の礎(いしずえ)となった古代ローマ帝国。今も私たちを魅了するその文化遺産は、芸術家たちの手本やインスピレーションの源となってきた。18世紀のイタリアは、ポンペイなどの遺跡の発見・発掘によって考古学の面からも注目され、芸術分野に大きな刺激を与えた。古代の名所旧跡を描いた景観画、古代ローマにヒントを得た奇想画や装飾デザインが開花する一方、芸術家による考証作業に基づく著作も発表される。本展は、都市ローマと南イタリアに残る古代ローマの遺産を主題として、古代に寄せる芸術家の情熱から生まれた多様な展開を、16世紀から18世紀にかけてたどる。考古学と芸術とが出会い、誕生した、想像力に満ちた作品が広がる世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.10.022019.11.17
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般1200円、70歳以上600円

    ※大学生以下無料
    ※収蔵品展、ロダン館も併せて観覧可
    ※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へ要問合せ
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料で観覧可(専用駐車場のほか、車椅子も完備、美術館総務課までお問合わせください)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡県立美術館、静岡朝日テレビ
  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:30 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る