長野県

長野県信濃美術館・松本市美術館 交流展 日本画の冒険者たち―この秋、信州の名品に出会う―

本展覧会は、長野県信濃美術館と松本市美術館の共同企画として、両館の日本画コレクションより選りすぐった約80点から、長野県また松本地域の日本画の変遷を辿りつつ、現代の表現の多様性、さらにはその可能性を紹介するものである。
江戸時代から現代に至るまでの信州ゆかりの作家たちのなかには、信州に生を受けただけでなく、自身の意思でこの地を選んだ者もいれば、戦時中の疎開によって関わりをもった作家、また美術館がその契機となった作家もいる。明治時代、西洋文化の流入により、大きく価値観が変わっていくなかで生まれた「日本画」という概念は、伝統的な技法を継承しつつも、時を経る過程で徐々に深化してきた。そして、それを牽引してきたのは、作家たちのあくなき探究心だった。
信州とこの地に住む人々によって育まれた「日本画の冒険者たち」の感性と精神は現代へと受け継がれ、さらなる深化を遂げようとしている。彼ら冒険者たちの足跡と成果をぜひご覧いただきたい。
※会期中一部展示替えあり
前期:9月21日(土)〜10月20日(日)/後期:10月22日(火・祝)〜11月24日(日)

開催概要

  • 会期

    2019.09.212019.11.24
  • 会場

  • 観覧料金

    大人:1,000円、大学高校生・70歳以上の松本市民:600円
    ※ 20名以上の団体は100円引き
    ※ 中学生以下無料、障害者手帳携帯者とその介助者1名無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(祝日の場合はその翌日)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る