東京都

草間彌生美術館 集合の魂たち

1961年に始まる、同一物を反復する「集積」或いは「集合」と題したシリーズは、ステッカーなど日用品のコラージュによる平面作品に始まり、ほどなく、布に綿を詰めた柔らかい突起物を家具などに無数に貼り付けたソフト・スカルプチュアのシリーズへと展開、以降草間は現在に至るまで多様な「集積」作品を制作している。
本展では、同シリーズの最初期の作品と当時の写真・資料を展覧し、絵画と彫刻の境界を軽やかに乗り越え、幼時に体験した幻覚や性・機械文明における食に対する強迫観念を作品化したシリーズの展開を追う。90年代後半から積極的に展示している巨大化したソフト・スカルプチュアであり水玉の集積であるバルーンのインスタレーション≪水玉強迫≫や、最新作「わが永遠の魂」における「集積」のバリエーションの現在形も展覧し、草間が人生を賭して取り組み続ける集合の魂たちをご覧いただく。

開催概要

  • 会期

    2019.10.102020.01.31
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、小中高生600円

    ※毎月1日10:00(日本時間)に翌々月分のチケット販売を開始
    ※未就学児は無料
    ※団体割引の設定なし

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日、火曜日、水曜日、12月29日~2020年1月8日

  • 開館時間

    11:00〜17:30 ※日時指定の完全予約・定員制(各回90分) ①11:00〜12:30 (11:30までに入場) ②12:00〜13:30 (12:30までに入場) ③13:00〜14:30 (13:30までに入場) ④14:00〜15:30 (14:30までに入場) ⑤15:00〜16:30 (15:30までに入場) ⑥16:00〜17:30 (16:30までに入場)
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

東洋文庫の北斎展

世界的に知られる浮世絵師、葛飾北斎。生涯にわたり精力的に筆をふるった北斎の作品は膨大かつ多様だが、代表作として思い浮かべるのはやはり『冨嶽三十六景』の大波の図ではないだろうか。東洋文庫では北斎の作品を50点ほど所蔵してい

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る