東京都

東洋文庫の北斎展

世界的に知られる浮世絵師、葛飾北斎。生涯にわたり精力的に筆をふるった北斎の作品は膨大かつ多様だが、代表作として思い浮かべるのはやはり『冨嶽三十六景』の大波の図ではないだろうか。東洋文庫では北斎の作品を50点ほど所蔵している。そのなかに冨嶽三十六景や肉筆画はなく、半数以上が墨一色で印刷された絵本。しかし、キャリアの最初期から晩年まで、幅広い時期の作品がそろい、目にする機会の少ないタイプの作品もある。
本展では、東洋文庫が所蔵する北斎作品を可能な限り網羅的に公開する。森羅万象を描いた北斎作品の魅力を、「こんな絵も描いていたのか!」という驚きとともに改めて発見していこう。

開催概要

  • 会期

    2019.10.032020.01.13
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円、65歳以上800円、大学生700円、中・高校生600円、小学生290円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人東洋文庫、朝日新聞社
  • 休館日

    火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)、12月30日~2020年1月2日

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

秋野不矩展

秋野不矩(あきのふく、1908-2001) は現在の静岡県浜松市に生まれた女性画家。1930年から官展への人物画出品を経て、1948年に日本画の革新をめざす美術団体「創造美術」(現・創画会) の結成に参加。1962年に現

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る