東京都

多摩美術大学美術館白石顕二アフリカコレクション エターナル・アフリカ*森と都市と革命 ーアミルカル・カブラルの革命思想とジョージ・リランガの芸術ー

日本のアフリカ文化研究の第一人者であった故白石顕二(1946-2005)の尽力で蒐集された「多摩美術大学美術館白石顕二アフリカコレクション」には、アフリカの現代史をひも解く、変革と解放の理念や思想と、アフリカ文化への影響と創造について、どう関係してくるかを示す貴重な資料や作品が多く含まれている。
人類の故郷といわれるアフリカの大地と文化が、その歴史上の苦難と搾取を乗り越え、現代社会へと至る改革と創造がなされてきたことを示す二人のキーパーソンとして、アミルカル・カブラル(1924-1973)とジョージ・リランガ(1943-2005)に着目し、彼らの業績と試みが、アフリカ社会と文化に影響を与えてきたかを多くの資料やヴィジュアル、作品等で紹介。
アフリカにおける植民地支配からの解放と革命の象徴であるギニアビザウのアミルカル・カブラルとアフリカの天才的で生命感にあふれた芸術表現の展開と未来を予感させたタンザニアのジョージ・リランガという決して生前には交わることがなかった二つのアフリカシーンの双方に着目し、探求した白石顕二によるアフリカから日本と世界へと向けられた眼差しこそが、永遠なるアフリカへの情熱と理解をもたらしてくれる。この邂逅に呼応する、当時の西アフリカのギニアビザウと東アフリカモザンビークを体現取材した、写真家の小川忠博の特別協力による写真展示を併せて行う。この奇跡的なアフリカ文化の受容と昇華は、白石顕二の偉大なる功績として、より多くのことをわれわれに示唆してくれることだろう。
多摩美術大学美術館では2006年に「ジョージ・リランガ ーこの世は精霊たちとともにー」展、2011年に「アフリカの魂 リンクするアフリカルチャー」展など白石顕二のコレクションによる多くのアフリカ美術に関する展覧会を開催してきたが、新たな視点からアフリカと世界を捉えなおす機会となることを願っている。

開催概要

直前の記事

歌川国芳 ―父の画業と娘たち

近年、人気が急上昇している歌川国芳。水滸伝の豪傑や巨大な骸骨を描いた迫力あふれる武者絵や、西洋画の表現を取り入れた風景画、さらにはユーモアたっぷりな筆致で描いた戯画など、代表作を含めた約80点の作品を紹介。年代順に紹介す

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る