岐阜県

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化(岐阜展)

大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきた。「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質を有していると評価されている。品格を備えた洋食器は、皇室をはじめ数多くの文化人や財界人に愛されたほか、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担ってきた。
大倉陶園創立100周年の節目に開催される本展は、草創期から現在までの作品を通じ、その優れたデザインや品質を紹介するとともに、日本の洋食器文化における同園の役割を探るもの。また、最新の調査結果を反映し、これまで知られることのなかった創業当時など戦前の様子を伝える貴重な資料も併せて紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.08.102019.11.04
  • 会場

    岐阜県現代陶芸美術館
    http://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/index1.html
    多治見市東町4-2-5 セラミックパークMINO内
  • 観覧料金

    一般900円(800円)、大学生700円(600円)、高校生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岐阜県現代陶芸美術館
  • 休館日

    月曜日(8月12日、9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、8月13日、9月17日、9月24日、10月15日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る