愛知県

伊勢湾台風60年事業「特別展 治水・震災・伊勢湾台風」

東日本大震災以降、災害に対する社会的関心が大きく高まる中で、今年は伊勢湾台風から60年の節目を迎える。私たちの住む濃尾平野では、歴史上どのような災害が起きてきたのだろうか。そして人々はどのように災害と向き合ってきたのだろうか。
災害は単なる自然現象ではなく、被害を受ける人々がいて初めて災害となる。そのため、災害の発生した地域や時代の特質が被害や復興の様子に大きく影響する。そこで本展では、災害に関わる社会の動き、特に「開発と環境」「被災者支援の担い手」という2つの要素を軸に、濃尾平野を襲った歴史災害に迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.09.212019.11.04
  • 会場

    名古屋市博物館
    http://www.museum.city.nagoya.jp/
    名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
  • 観覧料金

    一般300円(400円)高大生・中学生以下・市内在住の65歳以上の方は無料

    ※無料観覧には学生証・敬老手帳等要提示
    ※カッコ内は常設展との共通料金、高大生・市内在住の65歳以上の方が常設展に入場される際は別途料金が必要
    ※名古屋市交通局のドニチエコきっぷ・一日乗車券を利用して来館された方は50円割引
    ※障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証の提示により本人と介護者2人まで料金無料
    ※30名以上の団体は割引あり
    ※各種割引を重複不可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    名古屋市博物館
  • 休館日

    9月24日、9月30日、10月7日、10月15日、10月21日、10月28日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る