島根県

〈改元記念〉名画でふり返る 明治・大正・昭和の日本画

文明開化の言葉に象徴されるように、国外からの知識や文化が一気に流入した明治時代。自由でおおらかな風潮が広まった大正時代。太平洋戦争を経験し、日本の社会が一変した昭和時代。近代の日本のめまぐるしい変動は、美術の分野にも大きな影響を及ぼした。日本画壇においても、画家たちは西洋絵画の表現を吸収したり、伝統にとらわれない独自の美を追求したり、社会の動きとともに新しい日本画を模索している。各時代に生まれた名画からは、変化を受け入れ、乗り越える、当時の美術界の熱気を感じることもできるだろう。
2019年、改元により新しい時代を迎えるこの年に、本展では、明治、大正、昭和の日本画をご紹介。元号が改まる機会に、名画によって過去をふり返る展覧会だ。横山大観や竹内栖鳳ら、巨匠たちが活躍した時代に思いを馳せつつ、日本画の世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.08.312019.11.30
  • 会場

  • 観覧料金

    大人2,300円、大学生1,800円、高校生1,000円、小中生500円

    ※団体割引あり
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は個人料金の半額

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    無休

    ※10月10日、10月11日、11月4日、11月5日は新館のみ展示替えのため休館

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入場は閉館の15分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る