神奈川県

DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード―

本展では、日本と中国の古代のやきものや青銅器約80点を一堂に展示し、併せて中国との交流の中で発展したペルシア陶器を初公開する。
1万年以上前に誕生した縄文土器は、縄目の文様のほか粘土紐の貼り付けや透かし彫りなど、様々な手法で飾られた。そこには煮炊きや貯蔵という用途を越えた美しさを見出すことができる。個性豊かな土偶も同じ時代に作られ、子孫繁栄や豊穣などの祈りをこめたと考えられている。土偶とは対照的に素朴な表情が魅力の人物埴輪は、古墳時代(5~6世紀)に作られたもので、儀式を再現するため古墳の上に並べられた。一方、中国古代(紀元前17世紀~3世紀頃)の青銅器は、主に祖先の霊を祀る祭器として使われ、重厚で緊張感のある造形と、緻密な文様が見どころだ。
今回、幅広い東洋美術を収蔵する同館ならではの試みとして、日本と中国の作品を比較するコーナーを設ける。形や文様に注目しながら、縄文土器と青銅器、埴輪と俑(中国の人形の副葬品)などを比べてみよう。悠久の時に想いをはせ、様々なDOKI土器!を感じてほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.10.052020.03.29
  • 会場

    岡田美術館
    http://www.okada-museum.com/
    足柄下郡箱根町小涌谷493-1
  • 観覧料金

    前売=一般・大学生2550円、小中高生1550円
    当日=一般・大学生2800円、小中高生1800円

    ※団体割引(10名以上)あり
    ※美術館ご利用の方は、駐車場・足湯入場料無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    12月31日(火)、1月1日(水)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る