東京都

名勝八景 ―憧れの山水

北宋時代(960-1127)後期、画家・宋迪(そうてき)は湖南省の名勝・瀟湘(しょうしょう)地方が見せる折々の風光を、情趣豊かな八つの情景に描いた。瀟湘八景と呼ばれるこの画題は、後に山水画の好画題として画家たちの発想の源となっただけでなく、日本でも大いなる憧れをもって受け入れられた。本展はこの瀟湘八景を出発点に、西湖など中国・日本で古くから描き継がれた情景を通じて、人々が心に抱いた憧れの山水の世界を堪能できる展覧会。

開催概要

  • 会期

    2019.10.052019.11.10
  • 会場

    出光美術館
    http://idemitsu-museum.or.jp/
    千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
  • 観覧料金

    一般1000円、高大生700円、中学生以下無料(保護者の同伴が必要)

    ※団体20名以上は各200円引き
    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    出光美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(10月14日、11月4日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※金曜日は19:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る