東京都

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

公式サイト

数々のスター絵師が活躍した、18世紀後半の浮世絵界。天明・寛政(1781-1801)を中心とするこの時期は、いつからか浮世絵史の「黄金期」として親しまれてきた。その中心となったのが、人物を美しく活き活きと描いた「美人画」である。鈴木春信(1725?-70)以降、礒田湖龍斎(1735-?)、勝川春章(1743-92)、鳥居清長(1752-1815)、喜多川歌麿(1753?-1806)、鳥文斎栄之(1756-1829)ら、個性豊かな絵師が次々と登場し、理想の美人像を追い求めた。
描かれたのは評判の遊女や町娘、若衆と呼ばれる若い男性、愛情あふれる母子や恋人たちの姿。さらに憧れの的でもあった女形の「役者絵」や、人間の性愛を時に美しく描いた「春画」にも美人表現がみられる。
本展は、この「美人画の時代」の軌跡を、約230点の版画、版本、肉筆画で辿る。時を経て、天明・寛政が「黄金期」として高く評価されてゆくなか、鏑木清方や上村松園ら近代の画家たちが往時の美人画に想を得ていたことにも目を向ける。「黄金期」の美人画とは何だったのか――、その普遍的な魅力を、現代のわたしたちの視点を通して考える。
前期:10月5日(土)~10月27日(日)/後期:10月29日(火)~11月24日(日)

開催概要

  • 会期

    2019.10.052019.11.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900(700)円、大・高生、65歳以上450(350)円

    ※中学生以下は無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)、または精神障がい者保健福祉手帳をご提示の方と付き添いの方1名は半額
    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    町田市立国際版画美術館
  • 休館日

    月曜日(10月14日、11月4日は開館)、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※土曜・日曜・祝日は17:30まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ゴッホ展(東京展)

豊かな表現力と鮮やかな色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。彼が画家として独自の画風を確立するまでには「ハーグ派」と「印象派」の画家たちとの出会いがあった。本展では、彼に影響を与えた画家たちの作品を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る