東京都

竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵(東京展)

日本の工芸に対する国際的な評価の高まりとともに、竹工芸特有の美しさと表現形態は世界的に関心を集めている。なかでもニューヨークのアビー夫妻が収集した日本の近現代の竹工芸作品は「アビー・コレクション」として知られている。コレクションがメトロポリタン美術館に収蔵されるのを機に開催された2017年の展覧会「Japanese Bamboo Art: The Abbey Collection(日本の竹工芸:アビー・コレクション)」は、47万人以上を動員し大きな話題を呼んだ。
本展は、アビー・コレクションを日本で初めて紹介する里帰り展。工芸館所蔵の近代工芸の名品とあわせて、アビー・コレクションから厳選した75件の竹工芸を展示し、その自由な造形美の魅力を改めて紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.09.132019.12.08
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円(700円)、大学生500円(350円)、高校生300円(200円)

    ※( )内は、前売りおよび20名以上の団体料金
    ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料(入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障がい者手帳等要提示)
    ※本展の観覧料で入館当日に限り、本館所蔵作品展「MOMATコレクション」も観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日(9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、9月24日、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

御即位記念 第71回 正倉院展

本年の正倉院展は、北倉14件、中倉8件、南倉17件、聖語蔵2件の41件の宝物が出陳される。そのうちの4件は初出陳となる。正倉院宝物の全体像がうかがわれる構成となっているが、天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物の成り立ちと

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る