東京都

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密(東京展)

アメリカの絵本作家エドワード・ゴーリー(Edward Gorey/1925-2000)の展覧会を開催する。アイロニカルで少し不気味な独特の世界観と、繊細なモノクロームの線描は、世界中の人々を魅了している。近年、『うろんな客(The Doubtful Guest)』『不幸な子供(The Hapless Child)』などの絵本の翻訳が次々と発表されたことにより、日本でもその人気が高まっている。
ゴーリーは、新聞記者の父エドワード・リード・ゴーリーと母ヘレン・デュマのもとに、シカゴで生まれた。少年時代より読書好きで、イギリス古典文学にも親しんだ。美術を学ぶために、シカゴ・アート・インスティチュートに進学したゴーリーは、第2次世界大戦での従軍により学業が一時中断されたものの、終戦後にはハーバード大学へ進み、フランス文学を専攻する。この学生時代に、美術と文学のみならず、歌舞伎やバレエなどの舞台芸術や様々な分野、地域の芸術に対する造詣を深めた。学生時代に養われた芸術への見識は、彼の創作の根幹を築いている。
ゴーリーは、1950年から本の制作活動をスタートする。彼の絵本世界は、幻惑的な物語と繊細で優雅なイラストで構成されている。文学に傾倒したゴーリーらしく、古語や造語、押韻などが散りばめられたテキストによって、複雑で謎解きのようなストーリーが組み立てられ、細いペンで描かれた個性的で不思議な登場人物たちが物語の世界を演じて見せる。
また、ゴーリーが生み出したのは絵本の世界だけではない。舞台芸術を愛した彼は、それらの衣装や舞台デザインやポスターなども手掛けている。このようなゴーリーの世界観に、シュールレアリストのマックス・エルンストや映画監督のティム・バートンなど多くの芸術家や文化人が魅了されている。ゴーリー自身が、ファイン・アートからポピュラー・カルチャーまで、ジャンルに囚われず幅広く愛好したように、彼の芸術はあらゆる新しい創作の源泉となっている。
本展は、ゴーリーの没後に、エドワード・ゴーリー公益信託とブランディーワイン・リバー美術館によって準備された世界巡回の原画展を、日本ではじめて公開するもので、2016年より日本全国各地で巡回している。原画に資料や書籍などを加えた約350点から、ゴーリーの世界観を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.09.292019.11.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、高校・大学生および65~74歳800円、中学生以下および75歳以上無料

    ※障害者=一般500円、障害者高校、大学生400円、団体一般800円、団体高校、大学生700円
    ※ぐるっとパスご利用の方500円(年齢などによる割引の適用外になります)
    ※練馬区文化振興協会友の会会員招待(同伴者1名まで)
    ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金で観覧可
    ※団体料金は、20名様以上の観覧で適用

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)
  • 休館日

    月曜日(10月14日、11月4日は開館)、10月15日、11月5日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る