東京都

北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展

公式サイト

茂木本家美術館は、キッコーマン創業家の一つである茂木本家十二代当主茂木七左衞門氏(1907-2012)が収集した美術品を展示する館として、2006年に千葉県野田市に開館した。本展では、浮世絵や近現代作家の作品など多岐にわたる所蔵品の中から、北斎作品は、北斎の代表的なシリーズとして知られる「冨嶽三十六景」「諸国名橋奇覧」「諸国瀧廻り」のほか、「詩歌写真鏡」シリーズや、「木曽路名所一覧」、『北斎漫画』全冊、『富嶽百景』など、さまざまな錦絵・摺物・版本に加え、門人たちの国内ではあまり確認されていない稀少な作品、籔内佐斗司氏による1点ものの北斎の彫刻など、前後期あわせて116点の北斎関連作品を展覧する。同館の北斎関連作品を一挙に公開する展示は、今回が初の機会となる。
※前期後期で一部展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.09.102019.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円(960円)、高校生・大学生900円(720円)、65歳以上900円(720円)、中学生400円(320円)、障がい者400円(320円)

    ※( )内は前売と、20名以上の団体料金
    ※小学生以下無料
    ※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証要提示
    ※65歳以上の方は年齢を証明できるもの要提示
    ※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金で観覧可(入館の際は身体障がい者手帳など要提示)
    ※本展チケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    墨田区・すみだ北斎美術館
  • 休館日

    9月17日、9月24日、9月30日、10月7日、10月15日、10月21日、10月28日

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

美しきいのち―日本・東洋の花鳥表現―

色も形もとりどりの花や、艶やかな羽を持つ鳥は、洋の東西を問わず、古くから賞玩の対象とされてきた。ことに中国を中心とする東アジアでは、花や鳥を描く花鳥画が、人物画や山水画と並び、絵画の主要なジャンルとなった。一方、現代では

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る