東京都

円山応挙 高麗時代・朝鮮時代のやきもの

円山応挙の《観瀑図》と《布袋図》を展示する。
応挙は円山派の祖であり、写生を重視した明瞭な画風が人気の絵師。
応挙と言えば植物(松・藤など)や動物(犬・孔雀など)を描いた作品が有名だが、川や滝を描いた気持ちの良い作品も数多く残している。
《観瀑図》は2人の高士が心地よさそうに滝を眺める作品。
《布袋図》に描かれた布袋は好々爺のように穏やかで優しい表情をしている。
応挙の門人として名高い長沢芦雪と山口素絢の作品も1点ずつ展示する。
高麗時代と朝鮮時代に作られた陶磁器を11作品展示する。
高麗時代の4作品は「翡色」と呼ばれる美しくも繊細な青磁。朝鮮時代の陶磁器は粉青、白磁、染付など7作品。
今回の展覧より陶磁器の常設展示作品は「日本のやきもの」になる。
アジアの仏教彫刻9点(常設展示作品含む)や岡田茂吉作品も展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.10.132019.11.13
  • 会場

  • 観覧料金

    一般400円

    ※20歳未満は無料
    ※障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は200円引き
    ※《20歳未満の方》年齢を確認させていただく場合あり

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    11月3日

  • 開館時間

    10:00〜16:30 ※10月27日は14:00〜20:00の開室 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

茶の湯の名碗「高麗茶碗」

茶の湯の茶碗は、産地によって唐物茶碗、高麗茶碗、和物茶碗などと呼び分けられている。唐物茶碗は中国、高麗茶碗は朝鮮半島、和物茶碗は日本で焼かれた茶碗。日本に中国から喫茶法が伝わって以来、喫茶の茶碗は長く唐物に頼っていたが、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る