東京都

印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション展(東京展)

公式サイト

ルノワール、モネ、ピカソ、シャガールなどの作品で国内有数の吉野石膏コレクションは、その質の高さも然ることながら、優しく、親しみやすい作品が多く、世界に誇るコレクションといえるだろう。
本展は吉野石膏株式会社の収集による粒選りの絵画群の、本格的な紹介の機会となる。
中でも、ルノワール、ドガ、カサットのパステル画は、油彩や筆触分割という側面から語られることの多い印象派の、作家それぞれの技法の特徴と豊饒さについて、新たな視点をもたらしてくれる。
本展では、モネ、ピサロ、シャガールの初期から晩年までの名品、シスレーの80年代の色彩豊かな風景画、ピカソの風景画など、他では見られない選りすぐりの72点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.10.302020.01.20
  • 会場

    三菱一号館美術館
    http://mimt.jp/
    千代田区丸の内2-6-2
  • 観覧料金

    一般1,700円、高大生1,000円、小中学生500円

    ※障がい者手帳をお持ちの方は半額、付添の方1名まで無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    三菱一号館美術館、共同通信社
  • 休館日

    月曜日(11月4日、11月25日、12月30日、2020年1月13日、2020年1月20日は開館)、11月5日、12月31日、2020年1月1日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※1月3日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

昔のくらしと家庭の道具2019

【お知らせ】川崎市市民ミュージアムは、台風19号の被害により休館中の可能性があります。詳細は公式ホームページをご確認ください。 大正から昭和にかけての人々のくらしの変化について、生活道具のうつりかわりから紹介する企画展「

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る